損害の度合い

自動車保険の保険料について

自動車の種類には、自家用普通乗用車、自家用小型乗用車については、その中でも保険成績によって保険料が変わってきます。これは、「料率クラス」といわれる制度で、1年間の保険成績によって毎年保険料が変わるのです。もし、同じ条件であるにもかかわらず、次年度の保険料に変化があったとしたら、「料率クラス」の影響の可能性があります。 それから、保険料で1番差が出るのは、車両保険の有無です。車両保険がないタイプ、車対車+A補償(エコノミー車両保険)、一般条件補償と大きく分けると3タイプの車両補償がありますが、どれを選択するかによって保険料が大きく変わってくるのです。

保険の補償内容について

自動車保険には、大きく3つの補償があります。 まず、先ほどお話ししました車両保険があります。これは、自分の車両に損害があった場合の補償です。この車両保険は、補償内容によって大きく保険料に差が出るところです。 次に対人・対物補償です。これは、自動車運行中に他人をはねるなどして死傷させてしまったり、他人の物に衝突して損壊させてしまった場合の損害額を補償するものです。 そして、傷害補償です。これは、自動車の事故にによって、自分の車に乗っている人が死傷した場合の損害額や入院・通院費用などを補償するものです。 この3つの補償が自動車保険の柱となる補償であるといえます。あと、自動車保険には特約がありますが、これも特約の特徴をしっかり吟味して検討していくといいですね。