変化に応じて

人生は長く、生活環境も変化していく

保険について、一度加入すれば安心なモノと考えてはいないでしょうか。もっとも、保険とは、様々なタイミングで見直した方が良い場合もあります。事実、人生は長く、その生活環境も変化していきます。例えば、長い学生生活を終え、就職と同時に1人暮らしを始める人もいるでしょう。その後、結婚して、子供が生まれ、家族が増えていく人もいます。さらに、転職する人もいれば、独立して起業する人もいると思います。他方、子供が成長すれば、準備すべき教育資金なども視野に入ってくるはずです。さらに、年齢を重ねていくに連れ、成人病や老後にも備える必要があるでしょう。このように、生活環境の変化に伴って、事前に備えておくべき金銭的な不安も変化するものです。

保険見直しは地道な作業

そして、こうした金銭的不安に事前に備えるが保険の役割です。備えるべき対象が変化するのですから、保険見直しも行う必要があるワケです。すでに加入している保険があり、保険見直しを検討するのであれば、その保険証書を用意する必要があります。そして、その保険は、加入当時の生活環境の下で加入したものです。当然、現在の生活環境とは、かけ離れてきた部分もあるはずです。そこで、その内容と現状から浮上してくる課題などを整理する必要があります。このように、保険見直しは地道な作業とも言えるでしょう。個人で行うのが困難な場合もあると思います。そのような場合には、ファイナンシャルプランナーなど、保険見直しの専門家に相談するのもひとつの方法です。